夏乾燥肌の実態!冬より乾燥が進む理由と対処法について

夏は汗をかく季節なので、肌には水分も油分もたっぷり分泌されます。
ですから、気をつけることと言えば、日焼けくらいかな?と思っている方、要注意です。

もし、常に汗と皮脂をかきつづけている状態であれば良いのですが、クーラーの効いている部屋に入ったり、扇風機、太陽光を浴び続けていると、肌は乾燥してしまいます。
普通の生活をしていると、乾燥している状態のほうが多いでしょう。

冬は乾燥しやすいというのは空気が乾いているからですが、夏の環境も肌にはマイナス要因が多いのです。

そこで、大切なのが、スキンケアですが、その前にしっかりと水分を飲んでください。

体の内側からの水分補給をしてから、化粧水はたっぷりと使い、乳液と美容液で蓋をして、肌に水分をとどめます。
この時に化粧水or導入液を使うとより肌に浸透しやすいです。

アトピーや敏感肌の場合、水分と皮脂のバランスが非常に悪くなってしまいますので、特別気をつけましょう。

普通肌の方は、乾燥している肌の影響で皮脂分泌で盛んになりますから、ニキビにも気をつけなくてはなりません。

そのため、夏乾燥肌のケアは、保湿を中心としたもので、冬同様にしっかりとスキンケアを心がけなくてはなりません。
顔の皮はとても薄いので、乱暴な洗顔なども乾燥を早めます。

夏だからこそ、美容成分が多いケアをすることで、夏乾燥肌を防ぎましょう。

それが、冬の乾燥肌を防止することになりますので、夏こそしっかり保湿がポイントになります。

コメントは受け付けていません。